「おなかひっこめ」体操について

運動は苦手で、なかなか長続きしない30歳主婦です。

そんな私が続いている筋トレが「おなかひっこめ体操」です。http://www.s-nishiki.jp/

姿勢を正して、息を吸いながら①おなかをひっこめながら②お尻の穴をきゅっと絞めるのを意識しながら数秒キープ。辛くなったら息をゆっくり吐きながらゆるめる。これだけです。コツは①おなかをひっこめる時はおへそを背骨につける気持ちでやること②肛門に力をいれておしりを引きあげる気持ちでやること。

私は、胃下垂気味で食べるとお腹がぽっこりでるのが嫌で…これだけは小まめにやるようにしていました。

腹筋をやる!となると誰もいない家でスペースをとってとなり面倒で続きませんでしたが、これはふとした瞬間にこっそりできるのが良かったです。

劇的におなかに筋肉がつくわけではありません。まあ~おなかに贅肉が付きにくくなったのかな~程度でしたが、出産の際に思わぬ効果がありました!!

それは、半日に及ぶ陣痛で力みすぎたせいか恥ずかしながら「痔」ができてしまったときです。薬を買うか病院に行くか悩みながらも、この運動をせっせとやっていたら「痔」がだんだんと引っ込み自然と完治してしまいました。これは本当にありがたかったです(笑)

お金もかからず手軽にできるので、是非やってみてください!

痩せるには食事制限がいる?

テーマの結論から言うとYesであり、Noでもあります。

私自身がダイエットを実際に行ってみての感想になりますが、食事量の制限はかけてはいけないと思います。

なぜなら、私が一番初めに取り組んだのは糖質制限ダイエットでした。

砂糖と炭水化物を一切口にしない。

主にたんぱく質中心のメニューに置き換えて、野菜をたくさん取るようにしました。

そして、運動も取り入れました。

痩せにくい体にするために、週に2~3回ほどの筋トレ、有酸素運動を実施。

鍛神(きたしん)を購入して3ヶ月飲んだ私の口コミ

3カ月継続することを目標にし、見事にやり切りました。

ダイエット開始時に体重73kg、体脂肪28%が体重62kg、体脂肪20%まで落としました。

しかし…

鏡に映る自分の姿を見てびっくりです。

ひょろひょろのもやしみたいな体になっていました。

まだ、下腹に脂肪がありポッコリでているのに、足、腕がとても細い。

筋肉量47kg~42kg

とてもアンバランスな貧弱な体に見えてしまいました。

原因は、やはり食事制限です。自分では食べているつもりでしたが、糖質、炭水化物を断っているため、

カロリーが全然足りていない。しかも、筋トレも行っているので、筋肉も破壊し、それを直すカロリーがない状態。

脂肪もなくなるけど、筋肉もなくなっていく。

悪いダイエットの見本になってしまいました。

それからは、自分の食事内容を見直し、炭水化物も最低限接種し、たんぱく質、食物繊維をバランスよく摂るようにしました。

ビタミン、ミネラルは、一日に野菜を多く摂るといっても限界があり、必要量が全然足りないので、サプリメントで補うようにしました。

今は、少し体重が増えて65kg、筋肉は47kgまで戻しました。体脂肪は、22%~23%をいったりきたりしています。

今度は、この筋肉を維持しながら、体脂肪だけを減らしていくにはどうしたら良いか実験中です。