バストや脇の汗からくる臭いのケアについて

夏になると気になるのが汗のにおいです。プルーストクリームの効果

特にバストから脇にかけての汗は、気づかない内に他人を不快にさせる可能性もあるので、私は普段から気を付けるようにしています。

役立つのは、やはり制汗スプレーです。ただ、スプレーは割と嵩張りますし、人前でスプレーするのはみっともないということもあり、なるべくミニサイズのスプレーを鞄に入れておき、屋外を移動後は、トイレの個室や更衣室などで、バストや脇にサッと吹きかけるようにしています。

また、洋服への汗ジミからのにおいも注意しなければならないことの1つです。私は、暑い日は、出かける前に、着ていく服の脇からバストにかけて部分に、汗を吸収するパッドを貼り付けることがあります。このことで、汗のにおいが外に漏れだすことを大分抑えることができます。薄く嵩張らない形状なので、かなり役立つアイテムといえます。

また、なるべく汗をかかないようにする対策としては、日傘も重宝しています。日射しが強い日も、日傘をさすことによって、直射日光を避けることができ、屋外の移動も暑さを軽減できるため、発汗量も少なくてすみ、その結果、においも大幅に軽減できるのです。

他には小型扇風機を持ち歩き、少し汗をかいてきたなと感じた時点で、胸元にあてることで、バストや脇の大量の発汗やそれに伴うにおいを抑えています。

私はこのように、小さな工夫を重ねて、臭いケアをしています。