温泉に行く?それとも家で温泉気分に浸る?

会社の休日を利用し、ちょっと足を延ばして有名な温泉に赴くのも日ごろのストレス発散に絶好にいいものとなります。関東の有名な場所では草津や湯河原、伊香保や鬼怒川(きぬがわ)など多くの温泉があるのです。

さて大浴場でゆったりと浸かると日々の疲れが吹き飛びます。温泉のお湯も場所によって効能が違って神経痛に効いたり、肌をツルツルにしてくれたりと浸かっているだけで体にいいように感じてしまうのは周りの風景や雰囲気のおかげもあるでしょう。

CBDMAXはどの通販が最安値?購入して3ヶ月使用した効果と私の口コミが衝撃的?

また露天風呂を設置してある温泉もあり、とても開放されていて季節を感じ取れるのがいいものになります。

秋だと山の近くでは紅葉も見ごろとなり、冬になれば雪が降って幻想的な景色を堪能できると言った感じです。

ほかにも手軽に温泉に入った気分になれる足湯もあります。その名の通りに足だけ浸かるのにもかかわらず、全身がポカポカとしてくるのには驚くのです。理由は足の血管が暖められ、それが全身へと駆け回るおかげかもしれません。

ところであなたは砂風呂というフレーズを聞いたことがあるでしょうか。

砂風呂は九州地方が有名かと思うものの、通常は浴衣を着て暖かい砂を身体にかける入浴方法になります。かけられる側は気持ちがいいので、熟睡してしまうこともあるのです。

そういう気分を楽しめるように温泉水を濃縮したものが販売されており、普段は忙しくてなかなか行かれない方や日本中の有名な温泉に入ってみたいと思う方は家のお風呂に入れてみるのもいいかもしれません。

今は別府や那須などの有名温泉に限りなく近い入浴剤があるので、それを入れるだけで家のお風呂の雰囲気がガラリと変わることもあるでしょう。

そうして頭の中にザ・ドリフターズの名曲[いい湯だな]が流れてくれば、もう温泉気分は完成されます。