過去を振り返って学んだ自分を大切にすること

私のコンプレックスは胸が小さいことです。

そして今も特に大きな変化はありません。

ルーナナチュラルアップナイトブラの効果と私の口コミ!最安値で購入できる通販は?

しかし、このコンプレックスも

自分の個性であり、人間らしい部分だと思えるようになりました。

もちろん私は色々な商品を試して本気で改善したいと思いましたし、

誰かに見られることを苦痛に感じて、

夏に海やプールで水着になったり、友人と温泉に行って裸を見られることが

泣きたくなるほど嫌でした。

そんな卑屈で自信なんて微塵もなかった私が、

どうして自分のコンプレックスを受け入れ、

前向きに考えられるようになったのか?

その過程をお話したいと思います。

昔から胸が小さいことが気になっていました。

成長するにつれ、

友人の体型も女性らしくなっていきます。

家系的に母も祖母も大きい方であるため、

「どうして私だけ?」と感じたり、

特に彼氏ができてから「もっと魅力的な体型であれば自信を持てるのに!」と

悲しい気持ちになることも多くなりました。

その中で、彼氏に言われた言葉がとても印象的で

私の日々の考え方や行動に変化を与えるものでした。

「例えば、胸に自信がなくて、

そのコンプレックスで自分を肯定的に見れなくて、考え方まで批判的になるよりも、

自分がどんな人に憧れるか?

もっとこうなりたい!って思う部分が他にないか?、

って前向きに考える人の方が俺は好きかな」

と笑顔で伝えてくれました。

その前までは、胸の大きくなるサプリやジェルなど

ネットで何時間も調べては色々な商品を試して

一喜一憂する日々を過ごしていました。

でも、その彼氏からの言葉で

「確かに自分はどうして足りないものにばかり目を向けて

必死になっているんだろう?」

と自分に向き合うことができました。

もっと自分を大切にしようと思ったのです。

それからは、

もっと女性らしいボディラインを作ろう!と

体幹やインナーマッスルを鍛えるトレーニングをしてみたり、

食事も体を冷やさない温かいものや水と果物といった

自然のものを多く意識的にとるようになりました。

そうすることで、

コンプレックスばかりのネガティブな考え方から

少しずつ前向きに自分の為に行動できたことで自信がつきました。

他人と比べられることが多く、

自信がなくなる気持ちは凄く分かります。

でもあなたにしかない魅力も沢山あるはずです。

もし、今とても苦しくて悩んでいるのなら

「人から褒められること」に目を向けて

新しい方向で努力を重ねることで

もっと楽しく日々を過ごせるかもしれません。