肌に合わない化粧品を使った末路

高校生の時にモテようとして初めて化粧品を買って使ってみたんです。巷では男も美肌の時代だとか言われていて、「なるほど俺もこの化粧品で美肌モテモテじゃい!」とか思っていたんですよ。

それがその化粧品が肌に合わなかったらしく、しかもなぜかそれを3,4か月使い続けてしまったんです。

ヴィオテラスCセラムは市販の販売店で取り扱いあり?購入して使用した効果と口コミ!

結果肌はニキビでぼっこぼこになってしまい目指していた自分とは真反対の自分になりました。

今思えばなんですぐに使用を止めなかったのか不思議です。肌に異常が生じた場合はすぐに使用するのをやめましょうね。まあこんなバカなかなかいないと思いますが。

ニキビで青春時代は散々でしたね。

人の顔をしっかり見て話すのがしんどい。鏡に映る自分が醜すぎて萎える。寝るときに仰向け以外は顔が痛すぎてできない。外では明るくふるまっているいるけれど家に帰ると一気に暗くなる。マスクで隠すけど、蒸れて逆に悪化する。

あげ始めたらきりがないですね(笑)

まあ個人的に一番きつかったのは異性関係ですね。まったくもって自分に自信が持てなかった。

ニキビ面の自分でも好意を抱いてくれて映画に誘ってくれた女の子がいたんですが素っ気ない態度で断ってしまったりもしました。

今もニキビには悩んでいるし、戦っていますがなかなか手ごわいですね(笑)

最近ストレスでまた増えたりなんかしてもうやってらんないけど、それでも頑張って生きていこうと思います!